令和の司法試験を独学合格

日本の難関試験とも言われている司法試験の様々な情報を紹介しています。司法試験の難易度や何処の大学が合格者が多いのか?また司法試験合格後の進路先はどういった具合か?といった内容から、弁護士の年収や弁護士になるまでに掛かる費用、裁判官の給料情報や検察官と検事の違い、検察官の仕事内容、バッジに込められた意味といったコラム記事も紹介しているので、これから司法試験を受ける、現在進行形で司法試験に挑んでいる人、将来なりたい職業が弁護士、裁判官、検察官の人に役立つ情報をまとめたサイトとなっています。

司法試験の合格率が高い大学別の推移とは?入学するなら何処の大学?

司法試験に合格するためには法科大学院を卒業するか予備試験に合格するかの2通りがありますが、合格率が高い大学別の推移をみると、一橋大学法科大学院や京都大学法科大学院、東京大学法科大学院など有名大学が並びます。これらの大学院の合格率は50%から60%と安定しています。他の大学は40%以下となり、20%未満が圧倒的に多いです。やはり合格率が50%を超える大学院に入学することが、司法試験合格への近道となるでしょう。