司法試験の過去問は一番の試験対策だから過去問だけでも合格は可能?

司法試験合格を目指すならば、試験対策として過去問をひたすら解くという勉強方法はとても有効的です。

しかしながら、他の資格試験と異なり、司法試験の場合は今までに聞いたことのないような用語も多数出てきます。それらを理解していない状態で試験を受けるのは、あまりお勧めできません。

対策として司法試験用の用語解説書などを購入すると良いと思います。過去問を解いていてわからないような用語が出てきたら直ぐに調べる、こうすることで合格への近道になると思います。

司法試験の過去問は何年分ある?

本としおり

近年はその魅力から司法試験を受験する人が増えており、学習参考書も数多く販売されているところです。基本書から応用書まで様々にあり、どれも良質な学習書として多くの人が利用しています。

中でも過去の問題を収録した過去問は特に人気があり、どの書店においても大変良く売れている状況です。

過去問と一口に言っても内容は様々となっています。1年分だけを扱って徹底的に解説しているものから、数年分のものを扱い、試験傾向を分析するものもあります。

比較的多いのが3年から5年分を収録した過去問で、詳しい解説のほか出題傾向の分析なども紹介しています。また合格点などのデータ分析も発信しており、受験参考書としては非常に有用なアイテムとなっています。

司法試験においては法令などの改正も多いため、あまり古い試験は有効でないことが多いのが実情です。このため3年から5年分を収録する過去問が多くなっています。

もちろん、中には過去10年分を収録したものもありますが、こうした過去問は参考程度に利用する人が多いようです。逆に1年分のみを収録したものもあり、こちらは傾向を見るというより、受験直前のチェックのために利用されることが一般的です。

司法試験の過去問だけ勉強したら合格出来る?

司法試験を勉強する祭に過去問だけ勉強したら合格できると考えて、過去問しか勉強しない人も居ますがそれだけでは合格することは難しいです、もちろん過去問も過去出た問題なので今年も出る可能性はあります。

ですが、必ず出るとは限りません。似た傾向の問題が出る可能性は高いので勉強するに越したことはありませんが、必ず出る訳ではなく全く過去問が出なかった年だってあるのです。

司法試験事体しっかり勉強しないと受かりづらくて勉強をしたとしても落ちる人は毎年何人も居ます。その落ちた人の中には過去問だけ勉強して他については勉強しなかったという人も過去に存在します。

絶対に合格したいなら全範囲とまでは言いませんが、覚えられるだけ知識として身につけましょう。独学で学習をするのが難しい場合は参考書もたくさんあります。

1つ勘違いしないで欲しいのは過去問はやってはいけないというわけではありません。実際の司法試験で出た問題のため出来るならばした方が良いに決まっています。

ですが、過去問だけに絞って勉強するのは絶対に辞めましょう。万が一出なかった時のことを考えるとリスクが高すぎます。広い範囲勉強をして合格の道を目指すことをお勧めします。

司法試験の過去問は何処で手に入る?

司法試験の過去問は法務省のホームページから得ることができますし、予備校等が解説付きで出版しているものが書店で売られているため、簡単に手に入れることが可能です。

司法試験に合格するためには単に法律知識を身に付けるだけでは不十分で、過去問を解いて出題パターンを把握し、それに回答できるようにしていかなくてはなりません。そのためには、最低でも5年分くらいは過去問を何度も解く必要があります。

独学であれば、そのための分析が不十分になる可能性があるため、予備校を活用するのも一つの手です。予備校は優秀なスタッフの人たちが問題を分析したうえで、どういった手順で回答していけばよいのかを教えてくれます。

これにより、自分ではどうしようもない人が合格のために必要なレベルまで能力を高めていくことが可能となります。

できる受験生はこれを一人でこなしてしまいますが、それは一握りの人だけなので、どうしても受かりたい方は素直に予備校を活用したほうが良いです。

やはり、情報力の点で予備校はかなり強く、細かな部分までとらえた分析をしていますので、後はそれを活用する本人の努力があれば合格することは決して不可能ではないので頑張りましょう。

おすすめの司法試験の過去問は?

近年は司法試験を受験する人が増えてきており、それに関連する書籍も数多く販売されているところです。中でも人気があるのは過去の問題を扱った過去問で、司法試験を受験する人には必須のアイテムとなっています。

こうした状況から過去問は特に数多く展開されています。そんな数多くある過去問の中でおすすめなのが解答解説が分かりやすいものです。問題のみならず、解答がしっかりと記述されているかどうかは非常に重要となります。

解説が十分であるか、解説を読んでみてきちんと理解できるような内容になっているのか、といった観点で選ぶことが大切です。また過去3年から5年間のものを収録しているという点も重要なポイントです。

司法試験でも過去からの傾向というものがありますので、ある程度の年数分について傾向を把握する必要があります。このため直近の3年から5年分の問題が収録されていることがベストとなります。

さらに分からない部分については質問できるシステムがあるかどうかも重要です。過去問によっては分からないところについて電話やメールなどで質問を受け付けているものもあります。

こうしたものであれば、ストレスなく学習を進めることが出来ますので、重要視したいポイントと言えます。