司法試験の基本書とは?試験に合格するコツは基本書を何回も読む事?

司法試験に試験合格するためには基本書を読むということは欠かせません。基本書には法律の趣旨はなにかということや、解釈上の問題点はなにかということ等が書かれています。

基本書を選ぶコツは自分にとってその説明は分かりやすいものであるかこと重要です。その他に文章としての書きやすさということも大事だと思います。

それは司法試験は論文式試験なので自分では理解していても、それを人に伝える力がなければどうしようもないからです。

司法試験の基本書とはどんな本?

本を掲げる人

司法試験を受ける際、勉強の材料として「基本書」を読むことがあります。基本書は、ある法律科目の法体系について学者が著したもので、その法律の研究者が書いていますので高い正確性があります。

通常1人の学者が一貫して書いてありますから論理の矛盾がありません。そのため法律の法体系を正確に理解する際は大変優れた素材です。

しかし選んだものが、必ずしも司法試験を受験する人を対象に書かれているとは言えないことがあり、書かれていることを正確に理解するには議論の背景を読み解く必要があることがあります。

なので、基本書として選んだものが自分に向いているとは限りません。特に司法試験は他の受験生が知らない知識を増やすより、一般的な受験生が知っている知識を知っていることの方が重要になります。

従って基本書を選ぶときは、多くの受験生が使用しているスタンダードなものを選択すべきと考えます。

基本書を読むときは目的意識が必要で、法体系を概観するのが目的です。全体像を理解するために通読し使用するのが大事で、一度に全てを理解しようとせず細かい部分は飛ばしてポイントになります。

しかし法律の勉強を始めると、他の本も気になり、何冊も手を出してしまうことがあります。基本書は何度も読み込むことで正確な理解が深まるものですから、違う基本書を何冊も読むより、2、3冊のものを何度も読み込むことが力がつくと言えます。

基本書を何回も読めば司法試験は合格出来る?

司法試験というのは膨大な知識を頭に詰め込まないといけません。そのため、多くの時間を勉強に費やす必要性があります。ただ、やはりそれだけの時間を費やすからには効率的な勉強を行いたいと思っている人は多いでしょう。

その一つの手がかりとして基本書を何回も読み込むという方法があります。基本書は学校の教科書と一緒で知識の塊みたいなものですから、この内容をきちんと理解しているのであれば司法試験は怖くありません。

しかし、この方法はあまりおすすめできません。何故かと言うと、基本書は非常に内容が難しいものですからずっと読み込んだところで頭に入ってくるのはごくわずかの情報です。

ですので、重要となるのはいかに演習書や過去問を何度も解いていくかというところといえます。あくまでも、基本書というのは問題がわからなかったときにその答えを探すためのものです。

よっぽど記憶力が良くて本をそのまま暗記することが出来るのであれば別ですが、普通の人はそういうわけにはいきません。わからない問題という壁にぶち当たることで、それを解くために思考を働かせようとします。

その流れがあって初めて脳内に記憶がインプットされていくわけです。ですので、基本書だけに集中するのは得策とはいえません。

司法試験の基本書は何処で手に入る?

近年人気のある司法試験ですが、その合格のカギを握るのは何と言っても基本書のマスターです。

司法試験と言えども基本は非常に重要な要素であり、基本をマスターしているかどうかが合否のカギを握るといっても過言ではありません。このため基本書をマスターすることは非常に重要となります。

こうした状況から、基本書も数多く販売されています。基本書は主に大手の書店で販売されているほか、受験専門学校においても販売されているところです。

また最近ではインターネットで販売しているところもあり、ネット通販においては一般販売よりも比較的価格が安いという点で、多くの人が利用しています。

ネット通販というと送料や納品に時間がかかるといったイメージがありますが、条件によっては送料を無料としていたり、即日で納品を可能にしたりするといったサービスを展開しているところもあります。

さらに最近は古本屋においても販売が多く見られています。司法試験の受験を終えて、学習に使用した基本書を古本屋に売る人も多くいることがその背景にあります。

古本屋で販売されている基本書は汚れや傷みなどはあるものの、かなりの安価で購入することが出来るため、こちらも比較的多くの人が利用しています。

司法試験の基本書と演習書の使い道は?

司法試験の勉強を始める際に、まず重要となるのが必要なものを揃えることです。その中でも重要なのが基本書と演習書と言われているものなので、是非早めに入手しましょう。

ただ、基本書と演習書と言ってもどういったものなのか想像できない、という方もいると思います。簡単に言うと、基本書というのは学校で使う教科書のようなものです。この本の中に司法試験に必要な知識がびっしりと詰まっています。

ただし、基本書は何冊もあればいいというものでもないので、基本的には一冊をしっかりと読み込むようにするといいでしょう。最初は内容が理解できなくても、勉強を進めていく上でだんだんわかるようになってきます。

次に、演習書ですがこれは単純に問題集です。司法試験に出てくるような問題が詰まっているため、こちらを攻略していくことが重要となります。ここで一つ注意してもらいたいのが、基本書を読んでてから演習書をやるわけではないということです。

どれだけ知識がなくてもまずはじめに演習書から手を付けてください。そして、わからないことがあったら基本書を読み解くという流れが重要となってきます。逆ですと、なかなか頭に入りにくいので注意するようにしてください。