検察官のバッジの意味とは?階級が変わるとバッジの形も変わる?

検察官の付けているバッジの形には、意味があるのをご存知でしょうか?

紅色の旭日の周りに白色の菊の花びらと金色の葉があしらわれたデザインで、この組み合わせは霜と日差しを表し、厳正な職務への理想から秋霜烈日と呼ばれています。

秋霜烈日とは、秋におりる霜と夏の日差しのことで、厳しさの例えとされています。検察官のバッジには階級によって種類が違います。

検察官のバッジは、菊の葉の色が金色ですが、副検事の場合は銀色で色によって見分けることができます。

検察官のバッジの意味とは?

本を読む男性のイラスト

裁判で弁護士と共に耳にすることの多い職業である検察官が、身に付けるバッジはどのようなものか知らない人は少なくないかもしれません。

検察官のバッジは正式名称を検察官紀章と呼び、読み方はけんさつかんきしょうとされます。見た目は紅色の旭日に白い菊の花弁と金色の葉があしらっています。昭和25年に定められたと言われ、秋霜烈日バッジとも呼ばれています。

デザインの見た目が日差しと霜の組み合わせに似ており、検察官という厳正な職務と理想像が相まってこの呼び名がつけられたそうです。秋霜烈日という四字熟語は秋の冷たい霜と夏の烈しい日光の意から刑罰や権威などが厳しい例えを指します。

デザインが始まった当時はこの四字熟語は関係性がなかったですが、現在では紅色の旭日と菊の白い花弁、金色の葉の組み合わせから通じるものがあることからこの言葉が当てられるようになったとされます。

ちなみに副検事の場合デザインはほぼ同じですが、見分けることが可能なように一部違いがあります。それは菊の葉の色であり、検察官紀章は金色に対して副検事は銀色になってます。

本物のバッジには偽物やレプリカと区別ができるように、裏側に個人に与えられた番号と所属している検察庁の番号が記入されていると言われます。

検察官のバッジは階級毎に形が変わる?

検察官は検事とも言われ、重大な事件の捜査や裁判所に事件の犯人を告発するために告訴状を作成するなど、非常に厳しい業務を担っている職業です。検察官がその身分を証明するバッジには、秋霜烈日と言う意味があります。

秋の霜や夏の強い日差しのような厳しい中で仕事をすると言う意味が込められており、厳しい中でも公明正大に業務を行うことが表されているのです。

このデザインは紅色の旭日にキクの白い花弁と、これを取り巻く金色の葉が表されており、日本の国を象徴するデザインが採用されています。検察官には様々な階級がありますが、基本的にはそのデザインは変わらないものとなっているのが特徴です。

ただし裁判などで陣頭指揮をとる検事と検事の検事の補佐をする副検事とでは微妙にその色が異なり、検事では金色の葉の部分が副検事では銀色になっています。

検察官のバッジは、その他の身分を証明するものを持たない検察官にとって唯一の身分を証明するものとなっている特徴があります。しかし、その意味するものは公明正大な活動とその精神を表すものであり、心構えを示すものとなっています。

そのため階級を示すものではなく、検察官であることに誇りを持つための意味が込められているのです。

検察官と検察事務官の違いとは?

検察官とは定められている法律を違反し犯罪や事件が起こった時に、その犯人を裁判にかけるかどうかを判断する職業です。

検察官として重要なのは、犯人として疑われている人が本当に犯人かどうかを確かめるということが一番重要になり、検察官の責任や能力が問われる部分となってきます。

警察が状況や証拠を基に捕まえれば犯人ということではなく、逮捕された犯人が本当にその犯罪をして、どのような罰を与えるために裁判にかけるかどうかを最終的に判断します。

ちなみに、検察官のバッジには紅色の旭日に白い菊の花と金色の葉があしらってあり、「秋霜烈日」と呼ばれ、秋におりる霜と夏の日差しで検察官の刑罰や志操の厳しさを表しているのだそうです。

検察事務官は簡単に言ってしまえば、検察官を補佐する役割のひとを言います。補佐するといっても、事務的な補佐はもちろんのこと、指揮・命令を受ければ捜査も行うことができる職務となっています。

被害者の取り調べや令状の請求・執行など、犯罪捜査にとって重要な部分を担うということに関しては検察官と変わらないのかもしれません。

検察事務官になるには検事のように司法試験に合格する必要はなく、大卒、高卒によって内容が少し異なりますが、国家公務員採用一般試験に合格し、検察庁での面接等を通過した方が検察事務官になれます。

検察事務官のバッジの意味とは?

検察官のバッジは、秋霜烈日の意味が込められているとされ、秋に降りる霜と夏の日差しの強さを示していることから、様々な物事に対峙する厳正な検事の職務とその理想像が示されているとされています。

一方検察事務官は桐の紋の形であり、検察官のような明確な表現がなされているものではありません。

しかし、最も一般的な解釈とされているのは、平和の象徴とされる鳳凰が舞い降りる桐の樹を象徴していると言う解釈が有力で、その平和を維持する意味が込められているとされているのです。

元来から、日本は天皇を中心として平和を維持する国として栄えてきました。桐の樹や鳳凰はその象徴として徴用されてきた歴史があります。

現代は国民主権であり、従来の天皇にかわり国民一人一人が日本の中心の立場として位置づけられており、そのために働く人材である検察事務官は平和の象徴である鳳凰が舞い降りるための桐の樹を守ることが使命であることを示していると言う解釈が有効です。

検察官のように華々しい仕事ではありませんが、平和を守るために公明正大な業務を通して重大な責務を負っていると言う意味を込めて、平和の象徴である鳳凰の止まり木の桐の樹を表現しているのです。