社会人が司法試験を独学で合格するには何年必要?おすすめ勉強法は?

司法試験を社会人が独学で合格するには約3~5年は必要です。法科大学院は法学部を卒業している場合で2年、それでなければ3年はかかります。

また、司法試験に合格した後も司法修習生期間もあるのでかなりの時間が必要です。独学でも資格取得できなくはないですが、試験は記述式なのでとても難しいです。

友達や身内に弁護士や司法試験を受験したことがある人など、勉強を教えてくれる人がいれば可能ですが、それでもかなりの勉強が必要になるので、予備校などに通う人もいます。

社会人が司法試験を独学で合格するのに掛かる年数は?

歩くサラリーマン

司法試験は様々な形で存在している国家試験の中でも特に難しい資格となっており、高いレベルの知識が要求されるので独学で合格するには時間がかかります。

さらに法学部などに所属していない状態で、社会人が司法試験に挑戦する場合には、さらに難易度が高まるといっていいでしょう。

ですがしっかりと計画的に勉強を実施することができれば、社会人でも働きながら合格することもできるので、着実に努力を続けることはとても大切です。通常社会人が司法試験に挑戦する場合には、勉強時間を確保することが難関になります。

ですが残業を減らして決まった時間に勉強を実施できるようにすれば、継続的に勉強時間を確保できるようになり合格率を高めることが可能です。社会人が初歩的な段階から司法試験を独学で目指す場合には、最低3年程度は勉強期間が必要とされています。

そのためある程度余裕をもって勉強を続けていくことが大切で、焦らず丁寧に過去問を解いていって、自分の能力を高めていかなくてはいけません。

社会人が司法試験に挑戦するケースでは5年以上かかることも多くあるので、上手くいかなくても自信を失わないようにして、継続性を重視して勉強を続けていくと良いでしょう。

社会人が司法試験を独学で合格するのにおすすめな勉強法は?

大学を卒業して社会人にもなると、生活の基盤になる仕事を持つことも多く、なかなか勉強をする機会を持つことができないのも事実です。

もっとも司法試験という難易度の高い試験を受験する上では、何年もの間、勉強し続けなくてはならなく、毎年のように受験をしてもなかなか合格できない方もおります。

もっとも大学など教育機関や塾、予備校などに通えば、司法試験の受験指導を行ってくれる場が存在するので、それを利用することで合格に繋げることも可能です。

しかし孤独である独学で学習する上では、どういったテキストを利用すれば良いのかやどのように勉強していけば良いのかなどのノウハウが存在しないので、難しい点があります。

しかも社会人の独学では、勉強する時間を作り出すのが至難の業であったりします。一番の優れた方法は、通信教育で学習する方法が社会人が司法試験で合格する上では優れています。

その理由にはテキストの選択に迷うことがないこと、web上で動画で講師の授業を受けることができる体制が整備されていること、他にも傾向と対策までを教えてくれることもあります。

特に独学では指針になるものが存在しないと対策がし辛い点がありますが、通信教育の講座をベースにして学習の幅を広げることが可能となる点もあるからです。

社会人が働きながら司法試験に挑むのは無謀な挑戦?

社会人が働きながら司法試験に挑むのは無謀な挑戦ではありません。なぜなら社会人には社会人なりのメリットがあるからです。まず社会人のメリットは金銭的な余裕がある点です。

働いている分、時間的な余裕はありませんがその分収入があるので、予備校などにお金をかけることができます。他にも社会人としての経験を勉強に活かすことができる点です。

司法試験にはさまざまな判例の問題が出てきますが、それらの問題は社会人として働いている経験があるとスムーズに理解することができる場合があります。

さらに社会人は既に職に就いているので、先のことを考える必要がなく精神的にも余裕をもって勉強することができます。社会人で司法試験に挑むのであれば、法科大学院を利用するのではなく予備試験を受ける方が有効です。

法科大学院に通うとなると、決められた日に講義を受けなければならないので、仕事が忙しいと単位をもらうことが難しいといえます。一方、予備試験であれば自分の好きな時間に勉強をして試験を受ければいいので、忙しい社会人に最適です。

予備試験を受ける際には、独学ではなく予備校などを利用するのが有効です。予備校を利用すれば、効率的に勉強を進めることができ、時間のない社会人には最適であるといえます。

社会人が司法試験に合格するまでに掛かる費用は?

社会人が司法試験に合格しようとすれば、基本的には独学がベースになります。そう考えると主に掛かるのは、せいぜい参考書や過去問集代程度でしょう。

寧ろ大変なのは独学だと勉強効率が未知になりますから、時間がいくらあっても足りない可能性があります。それほど社会人になってから司法試験を受けるのは、大変なことなのです。

ではその参考書や過去問集に掛かる費用ですが、大まかに見て1冊2000円から3000円が相場です。これを数冊用意することになりますので、1万円前後を見積もっておけば問題ないでしょう。

社会人になっていれば、特別痛い出費にはならないはずです。ただし参考書にも色々とあり、司法試験向けのものは一際高額な傾向があります。

上巻や下巻という風に分かれているものもありますし、出版社毎で見やすさに違いがあるのも見過ごせません。一度は買ってみたものの自分には合わなかったというのはよく聞くため、ある程度は後々買い直す覚悟もしておく方が賢明かもしれません。

ちなみに社会人でも、予備校に通いながら勉強している人もいます。仕事帰りに数時間勉強というのは負担になりますが、早期に合格を果たすには必要になるでしょう。独学で限界を感じた際には、予備校も選択肢に入れてみてください。