司法試験に5回落ちたら諦めるしかない?チャンスは無いって本当?

司法試験には5年間で5回までの受験回数の制限があります。5回落ちたらチャンスがないように見えますが諦める必要はなく、この場合には2通りの方法で再度受験の資格を得ることが可能です。

まず、あらためて法科大学院を終了すれば良いですが、これには時間と費用がかかってしまう欠点があります。そのため、司法試験予備試験を利用すると良いでしょう。

この試験に合格した場合でも受験資格を得られるもので、年に1回しか行われていませんが受験回数の制限はありません。

司法試験は回数制限がある?

数字の5

司法試験は、受験資格を一度得たら最大で5回まで受けることが可能です。そして5回落ちたら受験資格を失ってしまいます。司法試験の受験資格を得るためには、基本的に法科大学院を修了する必要があります。

そこを修了して初めて司法試験の受験資格を得ることができ、その有効期間は修了の日の後の最初の4月1日から5年間というふうになっています。つまり最大で5回受けられるということに他なりません。

万が一5回落ちたら、受験資格は消滅してしまい、再び資格を得るためには再度法科大学院に入学しなおす必要があります。しかし、法科大学院に何度も入りなおすのは、よほどの経済力がある人じゃないと無理でしょう。

では5回落ちたら諦めるしかないのかというと、そんなことはありません。司法試験の受験資格を得るためには、法科大学院修了以外にも予備試験に合格するという方法もあります。

予備試験に合格すれば、法科大学院修了と同じように5年間の司法試験受験資格が与えられます。こちらも最大5回まで受験可能で、5回落ちたら資格が無効になるのも同じです。

予備試験は合格率が3~4%くらいで非常に難しい試験になります。ただ、スクールに通う必要はないため、一度法科大学院に行って失敗したら、普通は予備試験ルートで司法試験突破を目指すのが一般的です。

司法試験に5回落ちたら法曹の道は断たれる?

司法試験は「5回落ちたら終わり」だとよく言われます。司法試験を受けようとしている人は一度は聞いたことがあるでしょう。これは現在の司法試験では受験できる年数が限られていることに由来します。

司法試験の受験資格は法科大学院課程を修了した人か司法試験予備試験を合格した人に与えられていますが、その資格は法科大学院修了の日の後の最初の4月1日から5年間、もしくは予備試験合格発表の日の後の最初の4月1日から5年間しか有効ではありません。

要するに5年を過ぎてしまうと、そこで修了もしくは合格して得た受験資格に基づいた司法試験の受験資格がなくなってしまうということです。

したがって受験資格に基づいて受験できるのは5回ということになり、「5回落ちたら終わり」と言われるのはそこから来ています。ですが、5回落ちたら法曹の道が断たれるのかと言えば実際はそうではありません。

あくまでその資格に基づいた受験回数制限を超えてしまうということであり、再度、受験資格を得れば司法試験を受験することは可能になります。

もっとも2回も3回も法科大学院で学ぶというのは経済的にも難しいでしょうから、改めて受験資格を得ようとする場合、予備試験合格を目指す人が多くなります。

司法試験に5回落ちたらチャンスは無い?

司法試験自体は決して簡単な試験というわけではありませんが、裁判官、弁護士、検察官を希望する人はこの試験に合格しなければなりません。

またこの試験は誰でも受験できるわけではなく、まずは法科大学院を修了するか予備試験に合格することが条件になっています。この試験は年に1回行われており、もちろん不合格となった場合は来年受験することも可能です。

ただ、試験には受験回数制限が設けられており、5年間に5回までということになっています。もちろんこの回数の間に合格することができれば問題ありませんが、中には5回落ちてしまう人もいます。

とはいっても、5回落ちたらもうチャンスは無いというわけではなく、実は、もう1回法科大学院を出るか予備試験に合格する事で再度司法試験を受験できるようになる仕組みです。

ただ、実は昔は受験回数制限がありませんでした。だから合格するまでとか、納得するまで受験することも可能でした。

しかしそれでは法律家としてではなく他の分野で活躍できる才能がある人がいつまでも司法試験にこだわってしまい、精神的にも追い込まれてしまう可能性があることから、現在では受験回数制限が設けられるようになっています。

司法試験三振者は途中で就職活動した方が良い?

司法試験の受験回数制限は、5年間に5回までということになっています。もちろん5回落ちたらもう受験する資格がなくなってしまうのではなく、再度法科大学院での課程を修了するか、予備試験に合格すれば再度受験できるようになります。

とはいえ、受験回数制限自体は5回までなので、5回落ちたら別の仕事に就くために就職活動を行う選択ももちろん可能です。とはいえ、すでに5回を使い切ってしまっているため、かなりの緊張感のある中での就職活動となる可能性は否定できません。

人によってはその緊張感から自分の実力を出し切る事ができない場合もあります。

したがって、一般的には司法試験は5回まで受験することができるようになっていますが、三振者は5回まで受験してから就職活動するのではなく、途中で就職活動をする方が良いと言われることも多々あります。

まだ受験回数制限を使い切っていない状態の方が、司法試験を再度受ける、もしくは他の仕事に就くという2つの選択肢がある状態で就職活動ができるからです。

つまり、精神的に追い込まれていない状態なので、過度に緊張してしまうこともなく心に余裕がある状態で就職活動できるというメリットがあるからです。

また回数制限を使い切ってからの就職活動よりは、まだ受験回数が残っている状態での方が企業などの人事担当者に対する印象も違う場合があるのも、途中で就職活動する方が良いと言われる理由の一つです。